お金を借りたい時の会社の選び方

お金を借りたい人はカードローンの基礎知識を身に付けましょう

カードローンでお金を借りたいのであれば基礎知識を身に着けてからにしましょう。
そうすることで、自分へ有利・便利に利用できて行くのです。
このカードローンというのは、金融会社からローンカードを発行してもらい、受け取ったカードを使って
ATMなどから、キャッシングサービスを受けるものとなります。
では、どういった金融業者がサービスを提供してるかというと、大別して銀行・大手の信販会社・
大手の消費者金融という、3種類です。

 

これらは、各業種で特徴の相違点があります。
それを把握すれば、お金を借りたい時に自分の使い易い種類のものが判るでしょう。

 

まず、銀行系ですが、特徴として挙げられるのは金利が安い・融資限度額が大きいということです。
そして、全国のいろいろなところへ設置してあるATMを利用できるという、大きな利点があります。
しかしその反面、審査基準が厳しい・借り入れの出来るまで時間がかかるという
側面があるのです。
次に、信販系の金融業者ですが、銀行系のものと比べて金利が幾分高目となります。
ですが、キャッシュカードを造ったならばキャッシング枠として利用できるようになっているので、
利用申請が要りません。
そして、最後の消費種金融系ですが、カード発行までの時間が短い・即日融資対応の企業があります。
審査時間が短いという理由で最短では30分という金融会社もあるのです。
とにかく速くお金を借りたい時にそういう会社を選ぶといいですよ。
それに、大手であれば、全国の銀行ATMが利用できるという利点があります。
でも、金利がどの業者よりも高目の設定という、欠点があるようです。
以上、利用するのであれば自分の都合へ合わせて、利用申請すると良いでしょう。

 

お金を借りたい人は金利についても勉強しましょう

カードローンは現金を調達する方法としては一番手っ取り早くそして確実です。
コンビニATMの前に立って暗証番号と必要な金額を入力すると、その時点で借り入れ成立で、
お金を用意することが出来きます。このように簡単にお金を借りることができるのです。

 

しかし借りたお金は返す必要があり、多くの場合リボ払いで元利均等式になっているのです。
元利均等式とは、元金と利息が合わされて定額式の返済方法で、例えば毎月1万円と決められた
金額を返済したら良いことになります。
その1万円の中に、利息と元金返済分が含まれていて、利息は日割り計算になっているのです。
日割り計算の計算式は、借入残高X金利X日数/365日で計算することが出来、例えば、10万円の
残高で年18%の金利の場合に30日の利息は、10万X0.18X30/365で1479円になります。

 

1万円の定額の返済金は、利息の1479円と8521円の元金返済分が合わされているのです。
10万円から元金返済分の8521円が返済されると、次の月の借入残高は91479円になり、
利息は残高が減った分だけ安くなります。
このように、元利均等式は最初は利息が高いので元金返済分が少なく、なかなか残高が減りませんが、
完済近くになるとほとんど元金返済に回るので急激に残高が減るのです。
カードローンは便利で簡単ですが、このような利息計算方法も合わせて覚えておくと、
利息をどうやって減らせば良いかも分かってくるのではないでしょうか。


このページの先頭へ戻る